専業主婦はカードローンには申し込めないのですか?

私は専業主婦なのですが、親の必要でお金を工面しないといけなくなりました。私は一人っ子なので、親は私以外に頼れるところがなく、なんとか工面してあげたいと思っています。

 

夫には相談できないので消費者金融で借りようと思ったのですが、専業主婦は借りれないと聞いて困っています。専業主婦でも借りれるカードローンはありませんか?

 

御両親のために何とかしたいと考えておられるわけですね。たしかに大手消費者金融では専業主婦むけのカードローンはありません。でも、専業主婦でも借りれるカードローンはありますよ。銀行カードローンと中堅以下の消費者金融です。

 

 

専業主婦でも借りれるカードローンの基礎知識


専業主婦だとお金を借りる時に収入がないので審査がとても心配になりますよね。
でも今回の質問者のように突然お金が必要になる状況は誰にでも起こる可能性があります。

 

銀行や消費者金融、クレジットカードなど色々なところでお金を借りる手段がありますが、専業主婦だとわかると断られてしまうケースも少なくありません。

 

しかし諦めるのはまだ早いですよ!カードローンのなかにも専業主婦でも借りれるタイプも近年とても増えています。急な冠婚葬祭や家計の足しにしたいなど目的は色々ですが、専業主婦でも安心して利用ができるカードローンの基礎知識についてご紹介していきます。

 

まずはカードローンの種類ごとに、解説していきます。

 

専業主婦でも借りれる銀行カードローン

主婦案内

銀行カードローンは専業主婦でも借りれるカードローンです。すべての銀行が専業主婦に融資するわけではありませんが、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行などのカードローンは専業主婦でも申し込みができます。銀行カードローンの契約に必要なのは本人確認書類だけです。

 

本人確認書類は運転免許証になりますが、なければ健康保険証やパスポートでもOKです。

 

その銀行に口座がないとカードローンが利用できないところもありますが、三菱東京UFJ銀行のようにその銀行に口座がなくてもカードローンを利用できるところもあります。

 

銀行カードローンのメリットは金利が低いので専業主婦の方が借りる場合でも返済負担を軽減できるということです。金利は銀行によって違いますが、専業主婦の場合は14.5%程度です。限度額は30万円まであるいは50万円までというところが多いです。

 

ただし、初めて借りる場合には10万円とか20万円になることが多いようです。返済は2000円からでいいので専業主婦の方でも無理なく返済できます。

 

専業主婦でも借りれる消費者金融のレディースローン

大手消費者金融では専業主婦は借りれませんが、中小規模の消費者金融のレディースローンなら専用主婦でも借りれるようになっています。

 

また、レディースローンはスタッフも女性なので相談や申し込みがしやすくなっています。ただ、金利は銀行カードローンよりも高く年18.0%、中には20%というところもあります。専業主婦が消費者金融で借りる場合にネックになるのが、配偶者に内緒で借りれないという点です。

 

消費者金融から専業主婦が借りる場合には配偶者の同意書が必要になります。これは消費者金融で用意していることが多くそれを受け取ってご主人に書いてもらって提出しなければなりません。

 

また、場合によってはご主人の収入証明書(所得証明書や源泉徴収票など)が必要になることもあります。そのほかにも婚姻関係を証明できる住民票あるいは戸籍抄本などの書類も必要になります。

 

ご主人には内緒で借りたいということなので銀行カードローンに申し込まれるのがいいですね。

 

銀行カードローンの審査について


収入がない専業主婦だと銀行カードローンで審査落ちが心配になりますよね。

 

銀行なら専業主婦でもお金が借りられるとは言っても少額のローンの場合ですら信用機関の審査を通過しないと利用はできません。

 

なぜ収入がない主婦でも借り入れができるのか、その秘密は夫に安定した収入があれば返済能力があると認められるためなのです。
申し込みする際に夫の年収についての記入がありますので、この点をアピールすれば収入がない専業主婦でもOKなのです。

 

しかし夫婦どちらにも安定した収入がない場合は審査に通らない可能性がありますのでご注意くださいね。

 

さらに申し込みに必要になる本人確認書類、免許証やパスポート、保険証などの書類がない場合も申し込みができません。
また夫に安定した収入があっても、過去に夫婦のどちらから滞納したことがある、返済遅延などの事故情報があると審査が通過しない可能性もあります。

 

専業主婦でもお金が借られる銀行ローンは借入額を低く設定し月々5千円ぐらいの少額な返済を長期間続けて金利を設けたいという銀行の目的があります。

 

そのため銀行側にすると回収のリスクは多少ありますが、金利で儲けたいという目的を叶えることができる良いサービスといえますね。

 

専業主婦が借りれる銀行カードローンの選び方


実際にカードローン利用をしようと思ってみるとわかるのですが、複数の銀行があってどこを選べがいいか分からないんですよね。

 

そこで、専業主婦でも借りれるカードローンを選ぶうえで見ておきたいポイントをまとめたので、これからカードローンを利用したいと考えている方は参考にしてください。

ATM利用ができるかどうか
 

専業主婦の場合は借入れや返済の手間を考え、アクセスが良い点を重視することが大切です。銀行まで直接行かなくても、コンビニのATMを使って利用ができる利便性のよいカードローンを選ぶと返済時にも楽で安心です。コンビニならば土日、祝日関係なく利用ができますので、忙しい専業主婦にとって便利ですね。

 

金利

お金を借りる時は少額でも必ず、一定の無利息期間の経過後から金利が発生します。返済の負担を軽減するためには、金利が低い銀行を選んだ方が安心ですね。大手の銀行、ネットバンクなどの金利をいくつか比較してみましょう。

 

信頼できる銀行

収入がある主婦ならば消費者金融のレディースローンなども利用が可能ですが、消費者金融からお金を借りるのは抵抗があるという方も多いですよね。専業主婦の場合は借りれるのは銀行カードローンになるので、信頼できる大手銀行をはじめ安心して利用できる金融機関を選ぶことが必要です。ネットバンキングのような店舗を持たない銀行も増えていますが、その分金利が低いなどそれぞれの銀行の特徴を理解して比較してみましょう。

 

WEBサービス

旦那さんに内緒で借り入れしたいという専業主婦も多いですよね。そんな時にプライバシーを守れるのがWEBサービスです。

 

利用明細などもすべてオンラインで閲覧できるため、郵便物が届く心配もありません。また家にいながら申し込み、審査、契約までできるのでとても便利で内緒で借り入れもできるメリットがあります。

 

ここまでの条件を踏まえたオススメのカードローンならココ!

レイクバナー

 

なぜ専業主婦が借りるなら銀行カードローン?

どこのサイトでも専業主婦でも借りれるところというと、銀行カードローンをおすすめしているんですが、そもそも何で銀行カードローンなら専業主婦でも借りれるのか教えてほしいです。
この質問は当サイトをみていただいている方も、そうですが、お金を借りようと思っている専業主婦の方で、多くの人が疑問に思っていることなんですが、専業主婦が銀行カードローンを利用する事ができるのは「総量規制」が大きく関係しています。

 

総量規制について 

カードローンを組むときによく耳にする「総量規制」というものですが、これは貸金業者に適用する法律で、個人年収の1/3以上のお金を貸してはいけないという決まりです。

 

少し具体的に説明しておくと貸し付けには個人向けと法人向けがあります。総量規制の対象になるものは個人向けの貸付だけが対象になっていますので、法人向けや個人でも事業用の資金目的には対象となりません。一般個人の人が金融機関からお金を借りる際に金額が制限される仕組みとなっています。

 

貸金業法の改正で変わった借金事情とは?

お金を借りないといけない状況はいつやってくるかわかりませんよね。
専業主婦の弱みは収入がない為、普通にお金を借りるのはとても難しいのでは?と思う点があります。

 

まずその前に知っておきたいことが2010年6月に貸金業法が改正されて、
主婦の借金に関する条件が変わっている点です。現在は主婦がお金を借りる時は、

 

  • 配偶者に収入があること、もしくは配偶者の同意が必要になる場合
  • 収入がない主婦は借り入れができない
  • 配偶者の同意がなく専業主婦でも借りられる

 

3つのパターンに分かれています。もちろんパートやフルタイムで働いている主婦の場合は収入がありますので、ローンやキャッシングなどの種類に問わず、申し込みは可能になっています。

 

一番不安になるのが収入がない専業主婦という立場の人ですよね。旦那さんの同意を得てお金を借りるならまだしも、同意が得られないケースもありますし、内緒でお金を準備したい時だってありますよね。

 

専業主婦でもカードローンなら借りれる

専業主婦でもお金を借りることはできます。選択肢の幅は狭くなってしまいますが、不可能なことではありませんし専業主婦で借り入れする人の数は意外と多いようですね。

 

ではどんなローンならば専業主婦が対象になるのでしょうか。その答えは「銀行のカードローン」なのです。
ここで知っておきたい点が「総量規制対象外」の業者であるかどうかというポイント。昔は悪質な貸金業者も多く高利貸しから借りたお金が返済できない人が多かったですよね。

 

総量規制はこのような返済トラブルを未然に防ぐために規制しているものなので、借り手にとっては逆に助かる決まりかもしれません。では専業主婦がなぜ銀行のカードローンでお金が借りられるのか、その理由は総量規制の対象外になっているためなのです。

 

知っておきたい銀行カードローンの特徴とは

ローンと聞くと消費者金融やクレジット会社などがありますが、専業主婦でも借りられる銀行カードローンとはどのようなものなのか、借りる前にまず理解しておく必要があります。
カードローンは無担保で借り入れができるもので、あらかじめ設定された枠内で利用ができます。

 

ローンには種類が色々ありますが、利用者がとても多い車のローンの場合は金利相場は年1%〜4%、教育ローンは年3%〜4%、住宅ローンは年0.5%〜2%となっています。カードローンの金利相場は年4%〜18%と幅が広く、使用目的がはっきりしているローンと比較すると若干金利は高めに設定されています。

 

銀行のカードローンを利用する人は生活費、趣味、交際費、学校など目的は様々。カードローンは限度額が決められていますが、その枠内であれば好きな時に希望金額を借りることができる、大変便利なローンとなっています。

 

車や住宅ローンだと購入したものに対して、一度しかお金を借りることができませんので、新たに車や家を購入する際には再度申し込みや審査を受けないといけません。例えばカードローンの限度額が50万円とします。最初に2万円を借りた場合、限度額の残り48万円がありますので、また必要な時にこの枠内で借り入れができる仕組みになっています。

 

配偶者貸し付けについて


総量規制により、専業主婦の借り入れは難しくなっているといわれています。
しかし「配偶者貸付け」と呼ばれるものは、収入がない専業主婦がお金を借りる利用方法のひとつです。銀行カードローンはもともと配偶者貸付けを利用せずに借入ができますので、この制度を使う必要はありませんが消費者金融などを利用する際に参考にしたいポイントのひとつです。

 

配偶者貸付けとは、配偶者と合わせた年収の1/3以下ならば専業主婦でもお金が借りれる規則です。
しかしこの場合は申し込みをする際に旦那さんの同意書が必要になり、さらに住民票や戸籍謄本などの婚姻関係を証明する書類を提出しないといけません。また50万円以上の借り入れをする際には収入証明書が必要になりますので、ちょっと手間がかかる方法ですよね。

 

旦那さんに内緒で借り入れすることは不可能になり、夫婦で相談の上決断しないといけません。この制度により銀行カードローンだけでなく、専業主婦が消費者金融を利用して借り入れすることは可能です。

 

しかし現実的には収入がある人の名義で申し込みをした方が審査が通りやすい可能性がありますので、旦那さんの協力がどうしても必要になります。また消費者金融では配偶者貸付け制度は手続の手間が多く、対応するところが少ないという背景もあります。

 

このようなリスクや手間を考えると、専業主婦の場合は銀行カードローンを利用した方が手軽で安心です。

実際のカードローン利用はどうする?

銀行カードローンについてだいぶわかってきましたが、実際に専業主婦でも借りれるためのカードローンってどういう流れで借入れまでできるのでしょうか?
銀行カードローンの申し込み方法は、専業主婦でも借りれる銀行によって若干違いがあります。店舗がありネットバンクサービスも提供している大手の銀行の一例で、カードローンの申し込み方法について見ていきましょう
パソコン・スマホから申し込み 

すでに口座を持っている場合は銀行のウェブサイトにログインして、カードローン申し込み画面に進み必要事項を入力します。審査は最短30分前後で完了し、その後すでにお持ちのキャッシュカードで銀行やコンビニのATMから現金を引き出すことが可能になります。ローン専用カードを作る場合は、専業主婦の場合は本人確認書類を持参してローン契約機、もしくは郵送でカードを受け取ります。

 

銀行口座を持っていない場合はローン専用カードを郵送で受け取るか、カードローン契約機で受け取りになりますので、口座を持っている方がスピーディに利用が開始できますね。

 

モバイルから申し込み

ネット対応の携帯電話を使用する場合は銀行のサイト画面にアクセスして、パソコンと同様の流れで申し込み、利用開始ができます。一部の端末ではモバイルサービスが利用できない場合もありますのでご注意くださいね。
専業主婦でカードローン利用を考えてる方は、限度額以上の申し込みをする場合は本人の年収が確認が必要になることもあります。

 

ローン契約機で申し込み

ローン契約機がある銀行はそれほど多くはありません。ローン契約機は銀行の店舗内、もしくは契約している消費者金融に設置されています。ローン契約機を使用する際には本人の確認書類が必要になり、必ず本人が操作をすることが条件となります。

 

画面にそって必要事項を入力後、審査は最短で30分程度でその場で確認することができます。そして契約完了後、その場でローン専用カードを受け取るか、すでにキャッシュカードを持っている場合はそのカードでローンを利用することも可能です。

 

電話で申し込み

カードローン申し込みの専用フリーダイヤルで、オペレーターから必要事項の質問がされます。審査は電話の場合も最短で30分程度で完了し、審査結果の連絡方法として伝えてある電話番号やメールに審査結果の連絡がきます。カードはローン契約機、もしくは郵送受け取りになりその後の利用方法は銀行、もしくはコンビニATMとなります。

 

郵送で申し込み

専業主婦のカードローンを申込みの中で、もっとも少ない申込み方法です。銀行の本支店内にあるオーダーフォームに必要事項を記入して本人確認書類と一緒に郵送します。
審査結果は電話、もしくはメールで届き契約後はカードを受け取り使用が可能になります。郵送だと郵便物が届く時間がかかるため、ほかの申し込み方法の方がスピーディかもしれませんね。

 

銀行窓口で申し込み

本人確認書類の免許証、パスポート、個人番号カードなどを持参して銀行の窓口で申し込みをします。ローン専用カードの受け取り方法を郵送にするか、ローン契約機で受け取るか選択し、後日審査結果が電話かメールで連絡が来ます。カードを指定方法で受け取った後は他の方法と同様に、銀行かコンビニATMから現金を引き出すことが可能です。

 

銀行カードローンの返済方法について

銀行カードローンの返済は、銀行ごとに最低返済額が決まっています。10万円を借り入れた場合、最低返済額が低く設定している現行では2000円、高い銀行では1万円になっています。では実際にどのような手段で返済をするのか見ていきましょう。

 

ATMから返済

銀行やコンビニ店内に設置されているATMからローン専用カードやキャッシュカードを使って返済ができます。コンビニならば24時間対応しているため大変便利ですよね。ATMは利用手数料がかかる場合がありますので、事前にチェックしておきましょう。

振り込みで返済

銀行指定の口座に振り込みする方法です。返済が遅れた場合の方法として利用されることが多いのですが、通常の返済方法として選択することも可能です。振り込みだと手数料が契約者負担になりますのでご注意くださいね。

 

口座振替で返済

自分の口座から引き落としで返済する方法です。銀行によっては口座振替が返済の条件になる場合もあります。

 

専業主婦カードローンまとめ


専業主婦が銀行カードローンを利用する利点は、無担保、保証人なし、即融資可能、など色々な魅力があります。
ローンを申し込んでも配偶者貸付け制度を利用しなければ、旦那さんの信用情報に載ることもありません。

 

消費者金融や信販会社では収入がない専業主婦が申し込みができませんので、銀行カードローンが唯一安心できる借り入れ方法になります。
早速銀行カードローンの特徴を理解してうまく使いこなしてみませんか。

 

収入のない主婦は生活費のなかからやりくりをしないといけない為、カードローンを申し込む際は無理なく返済ができるように計画することがまず必要です。
万が一の事態を想定して、早めに銀行カードローンの準備をしておくことも賢い主婦には必要かもしれませんね。

  • 2016/01/18 20:17:18