無職でもカードローンの審査に通る?

question1

『無職でもカードローンの審査に通りますか?』

 

カードローンの利用を検討しているのですが、今現在、仕事をしていません。
やはり無職では審査に通りませんか?

 

answer1

『正直なところ、無職の方が審査に通るのは難しいでしょう。ただし、仕事をしていなくても申し込めるケースがありますので、ご自身はどうか確認してみてください。』

 

カードローンの審査は“貸したお金を返済してもらえそうか?”という観点で行われます。

 

そのため、次のようなことが重視されています。

 

◇継続的な安定収入(勤務先、勤続年数、年収など)
◇他社からの借入状況(借入件数、借入金額など)
◇過去における利用実績(延滞、債務整理など)

 

なかでも安定した収入を得ているかどうかは最重要項目といえます。
残念ながら、無職の方は収入がありませんので、審査に通るのは厳しいのが現状です。

 

また、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、収入がない方は申し込むことができませんので、審査をしてみるのであれば、みずほなど銀行カードローンでしてみましょう。

 

ただ、仕事をしていなくても申し込めるケースがありますので、代表例をご紹介します。
いずれかにあてはまっていたら、申し込みができるカードローンがありますので、ぜひ確認してみてください。

 

gp_to_a5

こんなケースは申し込めるカードローンがあります!

 

専業主婦や学生、年金受給者の方は、仕事をしていないので“無職”ということがありますが、このような場合には申し込みが可能です。それぞれについて具体的に説明していきます。

 

専業主婦

専業主婦

専業主婦(主夫)は、自身に収入がありませんので、消費者金融などの貸金業者からは借りることはできません。これは貸金業法という法律で決められているためです。

 

だた、貸金業法は消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどに適用される法律なので、銀行、信金、信組などは対象外です。

 

こういった金融機関のカードローンは“専業主婦OK”としているものも数多くあります。

 

専業主婦(主夫)でしたら、まずは銀行のカードローンを検討してみるといいでしょう。

 

ちなみに・・
パートをしていて安定した収入がある主婦でしたら、ほとんどのカードローンに申し込みができ、審査に通れば借りることが可能です。

 

学生

アルバイト等で安定した収入がある場合には、消費者金融、銀行どちらも申し込みができます。(一部、学生は申込できない銀行カードローンがありますのでよくご確認ください。)

 

また、ほとんどのカードローンの申込条件は“20歳以上”に定められています。アルバイトをしている学生でも、未成年は申し込みはできません。

 

年金受給者

年金受給者は、年金というある程度安定した収入を得ているといえます。
しかし、大手の消費者金融では年金収入のみでは申し込みできないところがほとんどです。銀行のカードローンは、銀行によって対応が分かれています。

 

また、申し込みできるカードローンでも“年齢制限”が設けられていますので、高齢の方は難しいでしょう。(65歳〜70歳以下のところが多い)

 

転職、休職は?

転職のため、次の会社に入社するまでの無職の期間や、休職期間中という場合もありますが、こういった期間に申し込みをしても審査に通るのは難しいようです。

 

転職先へ入社後、もしくは復職後に申し込むようにしてください。

  • 2015/11/30 19:33:30