審査に通らない原因

下記の質問事項を見て、思い当たる節はありませんか?

 

短期間に複数社からか借りていませんか?

短期間の間に複数の金融会社に申込みをすると、「借り逃げの恐れがある」と判断され、審査に通らない場合があります。もし複数社に申し込んだ経緯がある方は、申込み情報は半年間保管されているので、半年経った後に今一度申込みをしてみましょう。

勤続年数が1年未満ではありませんか?

新入社員の方や、転職をして1年経っていない場合は、勤続年数が足りなく収入が不安定ということで審査に通らない確率が高いです。勤続年数が1年経った際にもう一度申し込んでみましょう。

過去にクレジットカードやカードローンの返済が遅れたことはありませんか?

クレジットカードやカードローンの返済の延滞は審査に響きますので、不安な方は一度信用情報期間へ開示申請してみると良いでしょう。情報の保有期間が過ぎると延滞履歴も無くなるので、再度申込みが可能になります。

通信料金(携帯など)の支払いを忘れたことや遅れたことはありませんか?

意外と知られていないのが、この携帯端末を分割にしたことを忘れて、引き落としが不能になるというケースです。この辺も信用情報期間に開示申請をすると判明するので、一度問い合わせてみると良いでしょう。

既に複数のキャッシングを利用していませんか?

他社の借入件数が過剰にある場合は審査に通らないケースがあります。特に、総量規制が定められてから個人の借入金額は年収の3分の1までと定められています。今、借りている合計金額が年収の3分の1を超えていたらアウトです。

今までクレジットカードやカードローンを利用したことがない

ある程度の年齢でクレジットカードを持ったことが無いなど、今までにクレジットヒストリーが無い方も審査に通らない可能性が高いです。この場合は、比較的取得しやすいクレジットカードを1枚作って、クレジットヒストリーを作ることが先決です。

奨学金の支払いを忘れたり延滞したことはありませんか?

この「奨学金の支払い忘れ」も最近増えてきています。奨学金を借りたことがある人は、一度信用情報期間に開示申請をしてみると良いでしょう。

申込み用紙に誤りや嘘の記入はありませんか?

審査が通らない理由で最も多いのが、この「申込用紙の誤記入」です。住所や電話番号のうっかりミスでも審査に通らない場合があるので、用紙の記入や入力は、細心の注意を払って行いましょう。

現在の借入金額の合計が年収の3分の1を超えていませんか?

総量規制では、個人の借入が年収の3分の1までと定められています。(ただし銀行での借入は除きます)複数社から借りている場合、借入金額の合計が年収の3分の1までになりますので、これ以上になってしまうと審査は通りません。

  • 2014/02/12 16:02:12