カードローンを使うと家族に影響することはあるのか?

question1

『カードローンを利用することで家族に影響はありますか?』

 

今回、夫婦で相談して、こどもの教育費をカードローンで調達することにしました。
契約するのは夫である自分です。

 

自分がカードローンを利用することで、家族に影響がでることはありますか?
家族の信用情報にキズがついて、こどもの将来に悪い影響を与えるのではないか心配です。

 

answer1

基本的に、カードローンの利用が家族の信用情報に影響することはありません。

 

カードローンは、あくまで契約者本人の借入ですので、基本的には、カードローンを利用していることで家族に影響を及ぼすことはありません。
心配されている信用情報についても、家族の信用情報に記録が残ることはありません。

 

gp_to_a5

カードローンは無担保・無保証人

 

担保や保証人を必要としないローンです。
支払いが困難になったときに担保にいれていた財産を差し押さえられたり、奥さまが保証人になっていて困ることはありません。

 

gp_to_a5

本人の信用情報にだけ記録されます

 

各種のローンやクレジットカード、商品の分割購入などを利用すると、信用情報に記録が残ります。カードローンも同様に、契約内容や利用履歴が登録されます。

 

信用情報に記録があること自体は、何の問題もありません。

 

また、信用情報は本人だけのものですから、家族の信用情報に記録されることは絶対にありません。

 

gp_to_a5

信用情報に事故情報があると影響が出ることもあります

 

カードローンの支払いを長期間延滞したり、支払い不能になって代位弁済(保証会社が代わりに返済すること)したり、債務整理をしたりすると「異動情報」いわゆる「事故情報」が信用情報に登録されます。

 

事故情報が登録されていると、住宅ローンや自動車ローンなど他のローンが組みにくくなります。

 

・住宅ローンが組めないためにマイホームを建てられない
・自動車ローンが組めないので車が買えない

 

といった形で、家族に影響がでてきてしまいます。

 

家族のためにもきっちりと返済していくことが大切ですね。

  • 2015/11/30 18:59:30