question1

『取り立てはないのでしょうか?』

 

カードローンで借りたお金を返せないと、恐ろしい取り立てがあるって本当ですか?
怖い人に家や会社に来られては困ります。
どのくらいなら遅れても大丈夫なものなんでしょうか?

 

answer1

返済が遅れると督促はありますが、取り立てを恐れる必要はありません。

 

取り立て

ドラマの様な取り立てはまずありません。

 

黒いスーツを着た怖いお兄さんがアパートのドアの前で待っていた・・
テレビドラマで描かれているようなこわ〜い取り立てがあるのでは?と心配になりますよね。

 

今は、急に自宅を訪ねるような取り立ては行われていません。会社に押し掛るのも同じです。

 

脅して怖がらせたり、生活に支障がでるような取り立て行為(※後で詳しく解説しています)は法律で禁止されていますので、ドラマの様な取り立てに遭うのでは?と恐れないでくださいね。

 

gp_to_a5

取り立ては基本的に「電話」と「手紙」です。

 

怖い取り立てがないとはいっても、返済が遅れれば督促の連絡がきます。

 

どのように督促が進んでいくかはカードローン会社によって違いますが、基本は「電話」と「手紙」です。

 

支払期限の翌日から数日以内に、電話やハガキで連絡があります。

 

ここで支払い約束ができればしばらく連絡はありませんが、電話にでなかったり支払い約束が守れないと、繰り返し連絡がくるようになり、場合によっては自宅や会社を訪問されることもあります。

 

銀行や大手消費者金融ではマニュアルに従った事務的な対応ですが、規模が小さい業者では少し厳しめの対応になる傾向があり、担当者による差もでてきます。
また、スピード感についても違いますので、このくらいなら遅れても大丈夫ですよということはできません。ご了承ください。

 

gp_to_a5

ヤミ金は法律を無視した取り立てをします。

 

ここまでお話してきたのは、通常の金融機関や貸金業者の取り立てについてですので、ヤミ金と呼ばれる違法業者から借りてしまったときは要注意です。

 

ヤミ金は法律なんて無視ですから、恐ろしい取り立てがあると思っておいた方がいいでしょう。どこからも借りられなくて困っていたとしても、ヤミ金に手を出すのは絶対に避けましょう。

 

gp_to_a5

法律で禁止されている取り立て行為は?

 

恐がらせて従わせようとしたり、私生活や仕事に支障がきたすような取り立ては、貸金業法という法律で禁止されています。
次に挙げるようなことがあったら法律違反ですので、警察に通報するなどすぐに対応しましょう。

 

◇暴力的な態度をとる
◇大声を上げたり、乱暴な言葉を使う
◇大人数で押しかける
◇午後9時から午前8時までの間に電話や訪問をする(正当な理由があれば認められる)
◇はり紙・落書きなどで他人に借金をしていることを知らせる
◇勤務先を訪問して困らせる
◇他から借りて返済するようにいう
◇保証人でもないのに家族や親せきに取り立てをする
◇債務整理手続きを開始した連絡を受けたのに取り立てをする

 

gp_to_a5

返済できなくなってしまったら専門家に相談しましょう。

 

返済できないままでいると一括返済を迫られたり、裁判所から支払い命令を出されたりとさまざまな方法で支払いを促してきます。
借りたお金を返済しないで逃げ切ることはできません。

 

もしも返済できなくなってしまったのでしたら、早めに専門家へ相談してください。あなたに合った解決策が見つかりますように・・。

 

gp_to_a5

取り立てに困ったとき、返済できなくなったときの相談窓口

 

◇消費者ホットライン
局番なしの「188」番へ電話すると、お住まいの地域の消費生活相談窓口を案内してもらえます。
http://www.caa.go.jp/region/shohisha_hotline.html

 

◇法テラス
日本司法支援センター(通称:法テラス)のサポートダイヤルでは、内容に応じた法制度や相談機関・団体を紹介してもらえます。
http://www.houterasu.or.jp/

 

◇日本クレジットカウンセリング協会
多重債務ほっとラインで借金の返済でお困りのひとの相談を受け付け、無料で電話相談やカウンセリング、任意整理のお手伝いをしてくれます。
http://www.jcco.or.jp/

 

◇日本貸金業協会
貸金業相談・紛争解決センターで相談に応じた適切なアドバイスを受けられます。
http://www.j-fsa.or.jp/personal/index.php

  • 2015/11/30 20:07:30