カードローンのメリット

お金を借りるときに「ローンを組む」と言いますよね。

 

ローンとは、何か目的があって、そのために金融機関からお金を借りて、毎月決まった額を返済していくことを言います。その目的は、車を購入することであったり、家を購入したりリフォームしたりすることであったり、結婚式のためや旅行のためだったり、色々な目的があります。

 

何か目的があって借りるローンを「目的ローン」と言いますが、何にでも好きなことに使えるローンを「多目的ローン」といいます。多目的ローンの場合、目的を定めない代わり、目的ローンよりも多少金利が高くなるという特徴があります。

 

そして、大体のローンの場合、借りる額は高額です。何年にも渡る返済プランを建てていくので人生の一大イベント的な感じです。

 

その規模を縮小したのが「カードローン」です。

 

カードローンを作るメリット

カードローンというのは、少額の多目的ローンと考えると分かりやすいかもしれません。
そして、このカードローンには様々なメリットがあります。

 

使用用途は自由なので、何にでも使えます。

お金を借りるために理由を伝える必要はありません。「ただお金が欲しい」この理由だけでお金が借りられます。

 

カードが発行されるので、キャッシュカードのように手軽に利用できます。

銀行口座に一括でお金が振り込まれるようなローンとは違うので、設定された借入限度額内であれば、好きなときに好きなだけ、カードを使って借入できます。その利用方法は銀行のキャッシュカードと同じです。ATMからお金を引き出せるので、お金が必要なときは24時間いつでも利用できます。

 

コンビニATMが利用できる

お金を借入・返済出来るATMは、専属のATMや提携銀行ATMの他、コンビニATMが利用できます。時間帯によってはATM利用手数料がかかる場合もありますが、24時間365日いつでも利用出来るので大変便利です。

 

借入金額や返済金額も自由

カードローンを申し込んだ際に利用限度額が設定されます。もし、利用限度額が100万円の場合、100万円の範囲であれば、1万借入しようが50万借入しようが、1回の借入額は自由です。毎月決まった日にちに返済日がありますが、その他、好きなタイミングでATMから返済も出来るので、コマめに返済していくと、翌月借りれる金額がまた増えるので、思いついた時に返済する癖を付けるといいかもしれませんね。

 

手続きが簡単

最近のカードローンは、わざわざ店舗に行かずともパソコンやスマフォから24時間いつでも申し込めるようになっています。手続きに必要な書類も、そんなに多額な場合でなければ収入証明書も必要無いので、身分を証明できる物があれば直ぐに申込みが出来ます。

 

カードローンのメリットが分かったところで、次は「どこでカードローンを申し込むか・・・」という壁にぶち当たると思います。その辺を次のページでまとめています。
>>「カードローン会社の探し方」を読む

関連ページ

カードローンとクレジットの違い
カードローンとクレジットカードは違うもの?両者の違いを詳しく紹介しています。
金融会社の探し方
数ある金融機関の中で、どこから借りたらいいのか詳しく紹介します。
金融タイプの違い
金融会社には3つのタイプ、「銀行系カードローン」「消費者金融系カードローン」「信販系カードローン」がありますが、何が違うのか紹介します。