カードローンとクレジットの違い

「お金」と「カード」が密接に関係しているということで、「カードローン」と「クレジットカード」の違いがイマイチはっきりしない・・・と言う方は多いのではないでしょうか。

 

ここでは、それぞれの特徴を紹介し、クレジットカードとカードローンの違いを明確にしていこうと思います。

 

クレジットカードとは
クレジットカードを使って買い物をした場合、今手元にお金が無くても物が買えますよね。そして、1ヶ月分の支払いをまとめて翌月に、一括だったり分割だったりで精算していきます。

 

実際に口座にお金が入っていなくても物が買えるわけですが、これはカード会社が信用を元にお金を貸していることになります。なので、カードを利用する人は、毎回カードを使う度にカード会社に借金をしていることになります。

 

あくまでもカード会社は「信用を元にお金を貸す」わけなので、誰でもカードを発行されるわけではありません。「この人は本当に返済する能力があるのか」という信用度を審査していくわけです。

 

カードローンとは
「カードローン」と聞くとあまりピンと来ない人もいるかもしれませんが、要は「キャッシング」です。クレジットカードの場合は、カードを使って買い物や支払いが出来るのですが、カードローンはカードを使ってお金を借ります。

 

あくまでも「お金を借りる」ことが目的になります。ですので、支払いの時にカードを出して「これで支払います」とは言えません。カードローンは専属のATMや提携銀行ATM、コンビニATMからお金を借入します。


 

こうやって2つを比べてみるとクレジットカードの方が汎用性がありそうな感じですよね?ただ、クレジットカードの場合、審査に時間がかかり、カードが発行されるまで通常2〜3週間かかります。もし、直ぐにお金が必要だったり、買いたい物がある場合、カードローンであれば最短申し込んだ日にカードが発行されるので、利便性が高いと言えます。

 

しかも、お店によってはクレジットカードが使用出来ないお店もあるので、そういった時でも現金を持っていると強いですよね。

 

 

2つの「カード」の違いが分かったでしょうか!?
次に、今回メインで取り扱っている「カードローン」にもう少しフォーカスしていきます。
>>「カードローンのメリット」を読む

関連ページ

カードローンのメリット
なぜカードローンがお勧めなのか?カードローンを利用するメリットを紹介しています。
金融会社の探し方
数ある金融機関の中で、どこから借りたらいいのか詳しく紹介します。
金融タイプの違い
金融会社には3つのタイプ、「銀行系カードローン」「消費者金融系カードローン」「信販系カードローン」がありますが、何が違うのか紹介します。