信用情報機関とは

 

カードローンやクレジットカードを申し込む際にチェックされる信用情報はデータを共有していますが、誰が(どこが)閲覧出来ると思いますか?

 

個人の信用情報は下記の人たちが見ることが出来ます。

 

・本人
・契約しているクレジットカード会社
・住宅ローンを申請した銀行やローン会社
・カード取得を申し込んだカード会社
・キャッシングを申し込んだ金融機関
・本体の代金を分割で支払っている携帯電話会社


 

なぜ、これらの人たちは個人の信用情報を見ることが出来るのか!?

 

まず、あなたがローンを申し込みますよね?ローン会社は「あなたに貸してもきちんと返済してくれるかどうか」判断する必要があります。その判断材料として、個人信用情報を確認するのです。

 

ローンを組んだり、クレジットカードを作る時に、必ず「審査」が行われます。審査によって、その人に返済能力があるかどうか見極められます。その審査に使われるデータ(情報)が集められて管理されている場所が「信用情報機関」になります

 

日本の信用情報機関

日本には3つの信用情報機関があり、金融機関は必ずどれかの信用情報機関に所属しなければなりません。

 

それぞれ独立した管理形態になっていますが、延滞情報などはCRIN(クリン)という情報システムによって3社でデータ共有出来るようになっています。

 

【3つの信用情報機関】
全国銀行個人信用情報センター(KSC)・・・http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
株式会社シー・アイ・シー(CIC)・・・http://www.cic.co.jp/
株式会社日本信用情報機構(JICC)・・・http://www.jicc.co.jp/

 

金融機関の主な加盟先は下記の表のようになります。

名称 主な加盟会社 一部加盟
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社や携帯電話会社、信販会社、消費者金融会社 一部の金融機関
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 一般社団法人全国銀行教会が設置・運営
株式会社日本信用情報機構(JICC) 主に消費者金融業者 一部の金融機関、携帯電話会社

 

これらの信用情報機関では個人情報を開示申請することができます。信用情報の開示申請をすると、自分の過去の信用情報を見ることが出来るのです!ただし、それぞれの機関の開示申請方法が異なりますので、具体的な方法については各信用情報機関の公式ホームページを参照してください。開示資料のPDFサンプルも用意されています。

 

管理人も今まで色々なクレジットカードやカードローンを申し込んできた経緯があり、審査に通らないこともありました。自分の信用情報がどうなっているのか気になったので、試しにCICの開示を申し込んでみることに!申し込んだ体験についてはコチラで紹介しています。

 

>> 次に「信用情報の開示」について紹介しています。

>> 実際に信用情報の開示をしてきました。体験談はコチラ。

関連ページ

信用情報の開示とは
信用情報の開示について詳しく紹介しています。
信用情報の保存期間
各信用情報機関のデータを保存している期間を表にまとめています。