開示のススメ

そもそも「信用情報」って何?という人も多いと思います。私もそうでした。
信用情報についてはコチラのページで詳しく説明していますので、より詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

 

普段、自分のカード払いの支払い状況を知る機会って無いですよね。あまり気にしていない人も多いと思いますが、カードローンやクレジットカードを持っている人は一度、自分のクレジットヒストリーを見てみると良いかもしれません。

 

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は特に開示手続きをしてみることをお勧めします。

 

・・・と言うのも、自分では気づかないうちに支払いの延滞があったり、「こんなことが!?」というところがマークされていたりします。

 

最近多いのが、携帯電話の分割支払いです。支払いが延滞されていたり滞納されていたりすると、しっかりデータに載ってきます。これが、ローン審査に通らない理由だったりするのです。

 

信用情報は支払いが完了してから5年は残っているので、だいぶ過去の履歴を遡れます。自分では気づかない「審査に落ちる理由」を見つけることが出来るので、一度、自分の信用情報を開示してみてはいかがでしょうか。

 

ここでは、実際に私が開示手続きに出向いた時のことをまとめています。「信用情報の開示って難しそう・・・」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

パソコンで開示手続きを行おうとしたのですが、まさか、こんなハプニングがあるなんて・・・

PCで信用情報の開示へ

関連ページ

PCでの信用情報開示
CICのホームページから信用情報の開示手続きについて紹介しています。
CICに行ってきた
大阪市のCICに出向いて、自分の信用情報を取得してきた様子を紹介します。
CICの手続きの様子
CICで信用情報を取得する際の様子を紹介します。
信用情報の見方
実際に受け取ったCICの信用情報を使って、見方を説明します。