おまとめローンとカードローンの違い

question1

『おまとめローンとカードローンの違いを教えて下さい』

 

カードローンでお金を借りたくて、いろいろ調べているところです。
消費者金融のホームページを見ていたら、「おまとめローン」というのがあることを知りました。

 

おまとめローンとカードローンって違うんですか?
何が違うのか教えてください。

 

answer1

『カードローンは使途が決められていませんが、おまとめローンは、いくつかある借入を1つにまとめるためのローンです。』

 

カードローンを選ぶのは大変ですよね。
消費者金融のホームページを見ながら検討していたら、通常のカードローンの他におまとめローンという商品があって迷ってしまったのですね。
おまとめローンは、複数の業者から借りているひとが、借入を1つにまとめて返済の負担を軽くするためのローンです。

 

初めてローンを利用するのでしたら、通常のカードローンに申込むといいですね。

 

カードローンを利用していくなかで、おまとめローンを考えるときがあるかもしれませんので、おまとめローンについて簡単に解説しておきます。お時間のあるときにでも読んでみてください。

 

gp_to_a5

おまとめローンのしくみ

 

おまとめローンを利用する流れは、

 

@おまとめローンで、抱えている借金額分のお金を借りる。
A借りたお金で複数社の借金を完済する。
Bおまとめローンの会社へ対して返済をしていく。

 

といった感じです。

 

1つにまとめることで、毎月の返済負担を軽くし、今後の返済をしやすくするのがおまとめローンの目的です。

 

gp_to_a5

借りたお金は返済にしか使えません

 

おまとめローンで借りたお金は、複数社からの借金を返済するためにだけ使うことができます。

 

そのため、おまとめローンの会社から複数社へ振り込んで返済する形がとられます。自分で精算したときは、完済したことを証明する書類を提出します。

 

一方、カードローンは基本的に使い道は自由ですので、何に使ったかを伝える必要はありません。

 

gp_to_a5

返済のみで追加の借入はできません

 

おまとめローンは、基本的に追加の借入はできません。
融資を受けた後は返済のみをしていきます。

 

通常のカードローンは、決められた限度額の範囲内でしたら何度でも追加借入ができます。

 

gp_to_a5

年収の3分の1を超える金額を借りられます

 

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングは、年収の3分の1を超えて借りることはできません。法律で決められている総量規制という制限です。

 

おまとめローンは、利用者に一方的に有利となるような条件での借入ですので、総量規制の例外として年収の3分の1を超えた借入が認められています。

 

gp_to_a5

カードローンをおまとめに使うこともできます

 

おまとめローンは、借金を1つにまとめるための専用のローンですが、通常のカードローンをおまとめ目的で利用することもできます。

 

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低めなので、おまとめローンとして利用している人もいます。

 

ただし、通常のカードローンは追加借入ができてしまうので、完済する前に借りてしまう可能性もあります。

 

また、金利が下がっても返済が長期化すると、おまとめ前の状態よりも返済総額が増えてしまうことにもなりかねません。

 

おまとめをする前に、返済負担と返済総額が減るのかよく確認しましょう。

  • 2015/11/30 19:03:30